奇跡を呼ぶ花「レインボーローズ」の花言葉は?どこでどうやって作られたものなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

奇跡を呼ぶ花として話題となっているレインボーローズ。

この花は元々どこからきたものなのか?

気になるその花言葉や自作する方法などを紹介します。


スポンサーリンク

スマホや携帯の待ち受けにすると恋愛成就できるとしてネット上で話題になっているレインボーローズ。

この花はどこでどのように生まれて、どうやって作られているのでしょうか?

レインボーローズとは?

自生しているものは存在せず、白いバラの花びらを特殊な染料で虹色に染め分けたもので、造花です。

日本で流通しているものはオランダ産、コロンビア産が主流とされ、ローザ・ヴェンデラという品種の白いバラに色素の入った液体を吸い上げさせて花びらを内部から着色して作られる。

葉も花びらと同じように液体を吸い上げてしまうため、葉を落として出荷される。

レインボーローズそのものは、着色した造花として知られるが、その画像をスマホやケータイの待ち受けに設定することで奇跡が起こるとされて話題になっている。

特に恋愛成就に効果があるとされ、注目されているのは効果の即効性と実現している事実が多数報告されていること。

花そのものが人工的な素材でできているわけではなく、生きている花に染料を吸い上げたものではありますが、くくりとしては生花ではなく造花になるようです。

レインボーローズの花言葉は?

レインボーローズの花言葉は・・・

「奇跡」

「無限の可能性」

二つの花言葉は話題になっている内容にぴったりのもの。

恋愛は嬉しいことも辛いこともあわせもつもので、恋に悩む人のほとんどは辛い経験をしているのではないでしょうか?

そんな時にはおまじないや占いに頼りたくなるもの。

レインボーローズが奇跡を起こすという効果が多数報告されていますが、その花言葉も「奇跡」と「無限の可能性」ならば、希望が持てるようになりますね!

自分で諦めていたら恋愛はうまくはいかないし、奇跡なんて起きません。

大切なことは「信じる」こと。

奇跡を信じ、そして自分を信じ。

自分に無限の可能性を感じることこそが、この花がもたらしてくれる本当の「奇跡」なのかもしれません。

レインボーローズのカラーにも種類がある?

レインボーというからには虹色なのですが、いくつか種類があるようです。

基本的には花びらそれぞれを虹色で染め上げていることには変わりはありませんが、くっきりとした色合いのものと、淡い色合いに仕上げたものがあるようです。

主流は濃い色のレインボーローズですが、最近ではパステルカラーのものも徐々に人気ができているようです。

オリジナルカラーを自社開発し、「プレミアムレインボーローズ」と称して販売もされています。

レインボーローズの国産オリジナルカラー「プレミアムレインボーローズ」とは?【価格・特徴・通販】

レインボーローズは自作できる?

一時期は企業秘密とされて作り方が公開されておらず、様々な予想が飛び交っていたようですが、最近では自宅でも簡単に作れる方法がネットにも掲載されています。

作り方は意外と簡単で、必要なものを購入して手順通りに行えば自作可能です。

準備するものは、白いバラ、ハサミ、包丁、染料。

茎の先端を少し切り落として、下部から包丁で縦に切れ目を入れる。

切れ目を入れた茎を広げて、その先を染料に浸して一日待てば完成。

たったこれだけでレインボーローズが自作できるので興味がある方は挑戦してみてください。

スポンサーリンク

恋愛成就に効果を発揮する!

先ほども書いた通り、恋愛成就に効果があるとして話題になり、またその花言葉は「奇跡」。

元々バラには「あなたを愛します」という意味が込められており、愛の奇跡を起こす象徴としてこの「レインボーローズが用いられます。

お守りとして、おまじないとして、自己暗示として・・・。

自分にとってどのように解釈するかは人それぞれですが、大切なことは信じること。

それはいずれ自分を信じることになり、自分に無限の可能性を感じることによって恋愛に奇跡を呼び込むのではないでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください