生きるのが辛い時にやってみてほしいこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生きるのが辛い。

様々な理由からそう思うことがあります。

もしかしたら、そんな悩みをずっと抱えてたままで生きている方もおられるのではないでしょうか。

自分の人生はいいことひとつもない。

なんでこんな嫌なことばかりが起きるんだろうか。

みんなは楽しそうに幸せそうに生きているのになんで自分は。

辛い時、辛い人生ではそんなことばかり考えてしまうものです。

ですが、ほんの少し気持ちを整理することで、人生は一変します。

辛いと感じているのは、このことに気づかずに生きているだけです。

気づくことで、現実は全て変えることは可能なのです。

生きるのが辛いと感じるのはなぜでしょうか?

嫌なことばかり起こるから?

辛いことが連続するから?

果たして本当にそうでしょうか。

現実は変えられなくても、解釈や生き方はいくらでも選ぶことができます。

幸福なライフスタイルを創造するために、思考をシフトさせましょう。

辛いこともいいことも同時に起こる

辛さがどこから生み出されてくるものなのでしょうか。

思考は現実となると言われています。

この世界では、いいことも悪いことも同時に起こっています。

何かを得る時には、何かを失い。

何かを失った時には、何かを得ています。

何もかもが等価交換であって、辛いことばかりということはまずないのです。

そのどちらを見るのかを決定しているのが、現実を見ている自分自身なのです。

お金を払って食べ物を買った時に、「お金がなくなった」と考えるのか「食べ物にありついた」と考えるのかの違いです。

辛い出来事が多いように思えるのは、自分がないもの、失うもの、嫌なものを見る思考の癖が習慣化されているからです。

辛いことばかりが起こる時にやること

現実は、全て自分の思考、心の在り方がそう決めていることは間違いありません。

辛いことばかりだと感じ始めたら、思考がそちらにシフトし始めたと気づいて下さい。

現実として起こっている出来事は、何も変わってはいません。

辛さを感じる時にやることは、思考をいいことを見るほうへとシフトしていくことです。

思考をシフトさせる訓練

自分の思考、受け入れ方を幸せなほうへとシフトするには、訓練が必要です。

それは、難しいものではありませんので、毎日の生活の中でやっていきましょう。

小さなことを積み重ねていくうちに、良いことを見るのが当たり前となって、幸せな人生を取り戻すことができます。

訓練のために実際にやることをいくつか紹介しますので、できることからやってみましょう。

・長時間睡眠をとる

睡眠不足は、パフォーマンスを低下させるだけでなく、自律神経を乱してしまいますので、嫌なことばかりに目がいくようになります。

休める時には、しっかりと睡眠をとりましょう。

過剰に頑張りすぎたりせず、今やらなくてもいいことは後回しにして、睡眠を優先しましょう。

・楽しいことをやる

辛いことばかりが起こる、嫌なことばかりが目に付く時は、やりたいことができずに我慢ばかりしている可能性があります。

頑張ることと、無理をすることの境界線がわからなくなり、楽しいことをやるのを忘れています。

今は、気持ちを立て直すことに集中し、楽しいことを優先していきましょう。

・いいこと日記をつける

ないもの、嫌なことばかりを見てしまうのは、数年かけて根付いてしまった思考の癖なのかもしれません。

これをシフトさせるには、いいことを見つける練習を積み重ねるしかありません。

毎日、何気ない日常の中で、いいことを見つけて書いていく日記をつけてみましょう。

・あるものを数える

辛い出来事が連続して起こるように感じる時は、ないものへと思考が偏っているだけです。

そこで、自分が持っているもの、あるものを数えてみましょう。

これをやってみるだけで、かなり気持ちの変化があることに気付けるはずです。

世界は自分で創造するもの

辛さを感じてしまうことが癖になっていると、それが生き方となってしまい、生きている間はずっと不幸を感じてしまうことになります。

ないものを追いかけ、嫌なことを見て、辛さばかりを気にして生きることそのものが、不幸な生き方だということです。

序盤でも書いた通り、ライフスタイルは自分で選ぶことができます。

自分の生きている世界は、自分で創造できるのです。

終わりのない苦しみの世界に生きるのか。

小さな幸せが溢れる世界に生きるのか。

どちらを選ぶのかは自分次第です。

あるもの、良いことを見て、与えられることに感謝しながら生きれば、すぐに幸せな世界は作り出せます。

あなたの世界を変えられるのは、あなたしかいません。

幸せになることは、ほんの一瞬の出来事です。

今という刹那の瞬間に、幸せを感じることが出来れば、それが幸せであるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください