自分を信じるということの本当の意味を知ればなんでもできる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功法則や、自己啓発、哲学書などはいつの時代も飛ぶように売れます。

これだけ人生の真理を追究していても、いつまでも人は迷い続けるのはなぜか?

それは、人々が本当の答えに気づいていないからなのかもしれません。


成功する方法を追い求め、ヒントを得ようとしても一向に答えは見つからない。

それはなぜなのか?

なぜだかわからないですよね?

ほんの少しの思考のスイッチを押すだけで、人生は180°ひっくり返ります。

書籍やノウハウは他人が成功した軌跡でしかない

成功法則、自己啓発、恋愛指南書。

どれもそれらしいことは書いてありますし、納得のできるものばかりです。

ですが、それを実践してみても一向にうまくはいかない。

だからいつの時代にも需要があり、飛ぶように売れ、悩みについてのブログへアクセスが集中する。

ここであることに気づかないと、ずっとその中をさまよい続けることになります。

それらの中にある情報というのは、その人が経験してきた中で得た成功体験を日記のように綴っているだけだと気づいて下さい。

言い回しや教育の仕方として、「こうすればうまくいく」という洗脳を受けます。

ですが、それはそういった言葉を巧みに使っているだけで、あなたがそれをしたとしても上手くいくという意味ではありません。

それらのノウハウから読み取れる本当の真意は、「私はこうしたらうまくいった」「私の経験上ではこうだった」と言っているだけだということに気づいて下さい。

また、それを発信する人の本音は、それを誰かに伝えることと同時に、それが正しいと認められたい承認欲求も含まれていることにも気づいて下さい。

今現在、こうした記事を発信している私も同じです。

誰かの成功法則はあなたの成功法則にはなりません。

答えは出ていることに気づけ!

人生に悩み、迷走している状態になると、答えを探してまた走り続けてさらに迷走する。

心の奥底では本当は気づいているのではないでしょうか?

その答えは、自分が持っています。

自分が今も感じています。

自分が言葉にして言っています。

答えがみつからない時に思うこと。

それは「答えが見つからない」ということでしょう。

それが答えなのになぜ気づかないのでしょうか?

その状態こそが迷走というもの。

答えは自分で言っているのに何も気が付いてはいない。

答えはそこにはないのです。

というよりは、そもそも答えなんてものがないのです。

私たちは、ただ日々の生活を送って、何かをやってみて見て聞いて感じているだけ。

ただそれだけのこと。

自分の喜怒哀楽を感じながら流れるように生きているだけなのです。

何が正しいとか、何が間違っているなんてものは存在しません。

ただただ生きているだけで、答えを追い求めることこそが最も愚かなことなのです。

自分を信じるということの本当の意味

自分を信じることができれば、それは自信というもので身に付きます。

自信を持たなければいけないとか、自信をつけることで成功するとかいった教育もありますが、私は少し違うと思います。

何か小さなことを積み重ねていき、それが大きな力となって自信となる。

確かにそういったことも自分を信じる力として身に付くものです。

ですが、私がここで言う「自分を信じる」ということはそういったことではありません。

自分を信じ、自信をつけることは今この瞬間からでもできます。

自分の感情に抗わないで下さい。

仕事やスポーツ、恋愛をうまくいかせようとするとき、「自分を信じて」という言葉をもらうことがあると思います。

それは、「俺ならできる!」「私ならきっとうまくいく!」そういったポジティブな感情を持つことで、成功へと導くことにつなげることだってできます。

ですが、そのことばかりに捉われてしまうと、そう思えなかった時に自己嫌悪に陥ります。

「自信を持ちたいけどどうしても持てない」「うまくいくと信じたいけどそんな気になれない」

気づいていますか?

自分を信じるということの本当の意味を。

思考は現実になります。

というよりは、これから起こる現象をあなたは最初から知っています。

知っているのに見ないふりをしているだけです。

その見ないふりをすることが自分を信じないということ。

自分を信じるとは、「自分の感情をそのまま信じる」ということです。

うまくいくと信じることは、現実を歪めようとする願望でしかありません。

自分が見て感じたことを信じて下さい。

ありのままを受け取めて下さい。

それがそのままの現実です。

そして、その感情信じてありのままの行動をしてみて下さい。

そうすることで、全ては上手くいくようになります。

自分を信じることはただ素直になることだけだった

人間は、自分の身を持って体験してみて、感じたことに対してリアクションをしているだけです。

何かを成功させたくて、上手くいかなくても「そんなことはない」「俺ならできるはずだ」と間違った自信を持ち続けてしまうと苦しい人生を歩むことになるでしょう。

成功している人は、ただ自分の思っていることを実践していたらそうなったというだけの人がほとんどです。

これが正しいと思って、そう感じたからそれを貫き通した。

そうやって生きていたら、いつの間にかここまで来てしまっていた。

歴史に名を遺した偉人たちは大抵はそういった人たちです。

「成功してやる」「結果を出してやる」と息巻いて突き進もうとすれば、いつか必ず破滅します。

好きなことをして、やりたくないことはやらず、嫌だと思うことからは逃げ、行きたい方向へ行く。

ただ自分の感情を信じて、そうすれば楽しく死ねるはずだと信じて生きることが本当の成功です。

人生は一度きりであり、時間は有限です。

世間に認められたくて、誰かに好かれたくて生きるのは幸せだとは言えません。

自分がやりたくてやっってれば、それが本当の幸せだと言うことです。

この世に成しえないことなどない

自分の心に抗わず、いつでも素直に自分の感情を信じることができれば、できないことなどありません。

楽しいそうだと思うことはやればいい。

嫌だなと感じる人は避ければいい。

ただ、この体と心を使って意のままに自分を操ればいいのです。

それが楽しいと思うのだから仕方がありません。

誰も自分を止めることなどできません。

人の心というのはそういったものなのです。

やりたいからやる。

やりたくないからやらない。

生きているということは、行動の連続です。

そして、そこには「やる」か「やらない」かの二つしか存在しないのです。

できるかどうかなんて考えなくてもいい。

やればいいのです。

やればそれが成功なのではないでしょうか?

人生を楽しむために、今やりたいことは今すぐやって下さい。

誰もあなたを咎めません。

むしろ私はそんなあなたを応援します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください