孤独に慣れろ!人は誰も孤独だと知ると生きるのが楽になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

孤独感が押し寄せて辛いですか?

一人になると寂しさに耐えられませんか?

それは、人の愛情に慣れすぎたせいかもしれません。

ある時、突然に言いようのない孤独感を感じる時があります。

大切な人とお別れをした時。

ずっと一緒にいた人がいなくなった時。

まわりがみんな楽しそうに見えて、自分だけが取り残されているような感覚になります。

この孤独感と、どう向き合っていけばいいのでしょうか。

孤独に慣れていくしかない

まずは自分一人で生き、自分の足で立ち、自分の力で生活すること。

何もなくても、何もしなくても平気になるまで、ずっと孤独で生きてみて下さい。

孤独には慣れるしかありません。

一緒にいた人がいなくなると、何かを失ったように感じてしまいます。

ですが、それはあなたが失くしたと思っているだけで、一緒になる前も、一緒にいた時もあなたはずっと一人です。

その事実は何も変わってはいません。

失くしたのではなく、最初から何も得てはいません。

あなたはずっと孤独なままで、周囲の状況が少し変わっただけです。

その孤独に慣れるしかありません。

一人でいることが普通になり、孤独を受け入れる練習をしましょう。

絶対に願いを叶える方法

慣れてしまえばそれが普通になる

まわりをよく見て下さい。

家族と一緒に過ごしても精神は孤独な人もいます。

いつも一人で行動し、一人でいることが好きな人もいます。

どちらかというと、それが普通なのです。

あなたが何かを失くしたと思って取り戻そうとするから余計に孤独を感じるのです。

人は孤独が当たり前です。

もっと言えば、孤独に生まれて孤独に死んでいくので、人間は生涯一人なのです。

それに慣れてしまえさえすれば、それが普通になっていくのです。

孤独を受け入れれば寂しさがなくなる

人はずっと孤独なままだと知れば、何も得なくても一人ではないということに気づきます。

何もしなくても、ただ生きているだけで幸せです。

孤独を知るから孤独でなくなる。

あなたが一人だからといって、あなたを寂しい人と思うことはありません。

寂しいと思っているのはあなた自身です。

孤独を受け入れて下さい。

それが普通だと思って下さい。

みんなそうやって生きていると思って下さい。

その孤独感と一緒に生きることで、孤独ではないことが理解できるはずです。

孤独に生きれば全てに感謝できる

人はみな一人で生きていることを知ると、一人の力では生きられないことも知ります。

人は孤独だからこそ、足りないところを補いあって、互いに支え合って生きています。

それは、何もしなくてもただ自分の人生を生きるだけで成立します。

何かをしなくてはいけない。

誰かの役に立たなくてはいけない。

誰かに必要とされたい。

そう思うかもしれませんが、あなたがただ孤独に生きているだけで、あなたを必要とし、あなたに感謝している人は沢山います。

そのことを忘れないで下さい。

あなたは孤独ですが、一人ではないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください