思考をシンプルにすれば全てがうまくいく!内観と瞑想で覚醒!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは、辛い現実にどう立ち向かっていますか?

人生は、辛く苦しいものです。

しかし、それを乗り越えるためには、自分の内面を高めるしかないのです。


人が辛さを感じている時、それは何かの外的要因によってストレスを感じてる状態です。

そして、精神状態が追い込まれてしまうと、そうなってしまう現実の原因を外側に向け、自分が感じてしまう感情の原因も外へと向けようとしてしまいます。

こうなってしまうと、攻撃的な性格へと変わり、さらに周囲との関係がうまくいかなくなり、悪循環になります。

そんな時には、外側に目を向けるのではなく、自分の内側に意識を向けるようにしましょう。

辛い現実はあなたが作り出している

どうしても辛く、苦しい状況になると、そうなってしまった原因を人は探そうとします。

見ている現実の世界では、確かにその要因となるものが外から来ているかもしれません。

ですが、その現実の受け取り方は、同じ事象でも心の状態で変わるのです。

そのことを、あなたは本当は知っているはず。

それを、自分でない何かのせい、誰かのせいにしてしまうのは、あなたの心の状態がそうであるからでしかありません。

ほんのちょっと冗談で言ったことでも、平気な時もあれば重く受け止めて傷ついてしまうこともありますよね。

それが現実を受け取る側が決めているということです。

外の世界はいつでも同じ状態で、似たようなことが繰り返し起こっているだけです。

その現実を、辛いものとして見るか、聞き流すかはあなた次第で決まることなのです。

大切なのはあなたの心の中にある

辛さを感じたり、悲しくなったりするのは、あなたが外から受けたことに影響を受けているから。

それを、外側のせいにしてしまったら、その相手や環境が悪いことになってしまう。

また、外側のせいにせず、内側に原因を求めてしまったら、それはあなたが悪いことになってしまう。

ここが重要なところです。

あなたを傷つけた人が悪いのか?

傷ついたあなたが悪いのか?

そのどちらも正しくはありません。

どちらが悪いのかという議論を、頭の中でする癖がついているから苦しくて、辛さを感じてしまうのです。

あなたはどう思うのですか?

あなたが何がしたいですか?

あなたはどうなりたい、どうありたいですか?

それが最も大切なことなのです。

あなたが思うこと。

それが最も正しいことであり、どちらも悪くはないという事実です。

そして、外側にいる人たちもみな、自分が正しいと思うことを貫いて生きているだけです。

誰もあなたを傷つけようとは思ってはいません。

ただ、自分の正義をあなたへ伝えているだけです。

それが、自分の正義とリンクしなければ、受け取らなければいいだけのことです。

自分の心を知る方法

辛い時は、心は弱って自分の心すらも見えなくなっていることが多い物です。

それは、いつの間にか外の要因に振り回されてしまい、自分を見失ってしまっている状態です。

本当の自分を取り戻す作業は、とても苦しくて辛いことです。

ですが、その先には、必ず明るい未来が待っています。

これまで、楽な道を選び、人に合わせ、本当の自分から逃げてばかりいたのかもしれません。

心を取り戻す方法はたったひとつだけ。

瞑想し、内観すること。

瞑想は、単純にどんな時でも行うことができます。

そして、その時に、心の中で行う作業が内観です。

嫌でも、辛くても、苦しくても、それが自分を取り戻す作業なのです。

内観とは、自分の内面に意識を向け、心の中の自分と対話すること。

瞑想状態を作り、ずっとずっと考えていけば、どこかに必ず本当のあなたがいるはずです。

瞑想して内観する具体的な方法

ここからは、簡単に瞑想状態に入って内観する方法を伝えます。

時間さえあれば、どこでもできますので辛さを感じる時ほど実践してみて下さい。

1.一人になる時間を確保する

1日の中で、5~10分でもいいので、誰とも会わずに、何も見ずにいられる時間を作って下さい。

できれば、毎日30分~1時間くらい行えばかなりの効果があるのですが、始めのうちは短い時間から始めてみましょう。

お風呂に入っている時、寝る前、仕事の合間など、隙間を使って一人になる時間を作りましょう。

2.リラックス状態を作る

自分が一人になり、心がリラックスできる状態を作りましょう。

どんな場所でも、どんな状態でも構わないので、自分で意識してその状態を作ること。

アロマ風呂にゆっくりつかったり、温泉へ一人で行くのもいいでしょう。

海を眺めてみたり、山道を散歩してみたり、神社へ出かけてみるのもいいかもしれません。

ドライブでもなんでも、とにかく一人で外の世界と接触しない状態を作り出しましょう。

この時の注意点は、スマホやテレビなどのメディアには絶対に触れないようにすることです。

3.思い浮かぶことを感じていく

外の世界との接触を断つと、嫌でも自分の意識と向き合うしかありません。

これがいわゆる瞑想状態です。

この状態を自らで作りだし、自分の頭の中に浮かぶこと、心で感じることをそのまま受け取っていきましょう。

始めは、直近の出来事をただ思い出したり、少し前にあった嫌なことが出てきたり、前から不満に思っていたことなどが頭に思い浮かぶでしょう。

そして、さらにさらに迷走を続けて下さい。

始めは頭で考えていたり、感情的なことばかりを思い浮かべていたはずです。

ですが、次第に、自分の心で感じることが出てくるはずです。

ずっとずっと、深く深く考えていってみて下さい。

その先の心の扉を開けるためには、あらゆる苦しみがありますが、本当の自分に出会うためには、その苦しみを乗り越えなければいけないのです。

心に従わないから辛くなる

誰が悪いとか、もっとこうなってほしいとか。

頭の中にある不平不満は、あなたへと返ってくることばかりのはずです。

そして、本当は心はそれに対する返事を知っているのです。

「だから何?」

「で、なんなの?」

「あなたはどうなの?」

「だったらあなたはどうするの?」

出てくるのはそれだけのはずです。

それからさらに、もっともっと深く感じていって下さい。

その先で、その問いかけに対してあなたの心が叫んでいること。

それがあなたの本音であり、あなたの心の声なのです。

そして、それまでの人生が辛く、苦しかったのは、あなたがその心の声を無視して走り続けてきた結果です。

心は正直に伝えている

何かがうまくいかず、辛さや苦しさを感じるのは、あなたの心があなたの意識に警告を出しているサインです。

「そっちじゃない」
「そうじゃない」
「それは違う」

心がそう言っているのです。

忍耐だとか、我慢が必要だとか、間違った世間の精神論に流されて、あなたの心はボロボロになりかけているのです。

社会の常識や、価値観なんてものはあなたの心を苦しめるだけです。

心に従わずに生きることは、とても辛く苦しいことです。

心に正直に生きれば、毎日が幸せです。

なぜそれができないのでしょうか?

それを邪魔しているのは、決まって外から与えられた「当たり前」というニセモノの常識ではありませんか?

誰かから言われた間違ったアドバイスではありませんか?

外の世界のルールに従うと、必ず自分の心が苦しくなってしまいます。

瞑想する時間を作り、心の声をしっかりと聴くことで、人生は激的に変わってくるものですよ。

シンプルな思考で生きてみよう!

仕事が嫌で、出社するのが辛いけど行かなければいけない。

「行かなければいいんじゃないですか?」

恋人が冷たいことばかり言うから悲しくて辛い。

「別れればいいんじゃないですか?」

お金がなくて生活が苦しい。

もっと働けばいいんじゃないですか?

このシンプルな思考と、行動をなぜ一致させることができないのか?

「本当はこうしたいのだけれどできないんです」

何を言っているのでしょうか?

なぜ嘘をつくのでしょうか?

思っていることと、行動が一致していないのは、頭の中にある嘘の思考をあなたが信じているからです。

あなたはそうしたいなどとは思ってはいません。

人は、思った通りの行動しかとりません。

行動が、その人の本音を語っているのです。

それを、頭の中で思い浮かべたり口にするから辻褄があわなくなり、それが苦しみを生むのです。

言い訳を自分で作り出し、うまくいかないと嘆いているだけなのです。

「行きたくないけど行かなければいけない」

あなたは本当は、行きたくてもっといいもの見出したいんじゃないですか?

それを嫌な部分を見つけて行かされているようなことは言わないで下さい。

「好きだけど冷たいから辛い」

あなたは、相手の気持ちが冷めて冷たくなったことに気づいているのに、辛さを感じてる被害者となって、好きだと思い込んでいるのではないですか?

本当は、そんな相手のことを好きではなくなり始めているのはあなたのほうじゃないのですか?

「お金ががなくて食べるのも精いっぱいで苦しい」

あなたは、お金がない状態に依存して、苦しいと思いたいからそうしているのではないですか?

裕福になろうと思ったら、それなりの努力はしないといけないし、寝る魔も惜しんで働かないといけないことを知っているから、その貧しい状態を続けているのではないですか?

人はみんな、心の中の答えを本当は知っているのに、見ないようにして、隠しているだけです。

心の声を聞き、その声に忠実に従う。

このシンプルな思考と、行動力さえ手に入れてしまえば、何も怖いことはありませんし、全てのことはうまくいきます。

そして、その思考を手に入れるためには、瞑想と内観をすることがとても重要になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください