神の声を聞く方法!あなたは内なる神に気づいているか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

見えない力で動かされている。

天の導きによって、神の声によって人生が開かれる。

これは、宗教的なことではないのです。

それを、この記事で証明します。


あなたの人生が辛く、どこにいても生きづらさを感じてしまうのは、あなた自身が生きることそのものを複雑にしてしまったのかもしれない。

間違った社会の教育。

自己都合だけの子育てによって、私たちは神の声が聞こえ辛くなってしまったのです。

神はあなたの中に存在する

神とは、全知全能であなたを高いところから見守っていると思ってはいませんか?

宗教的な概念で考えてしまうから、そうなってしまうのです。

神はあなたの中にいる、あなたそのものです。

あなたを正しい道へと導く神は、あなたの中にある心そのものです。

生きることが楽しいかどうかは、この神の存在に気付けるかどうかにかかっています。

いるかいないかではなく、誰しも持っているものなのに、気づいていないだけなのです。

神の声を聞く具体的な方法は?

神の声を聞くのは、とても簡単なことです。

いくらか回数を重ねる必要がありますが、やることはとてもシンプルで、三つのことだけを覚えておいて下さい。

・一人になる
・瞑想する
・行動する

たったこれだけのことです。

辛くても一人になる

あなたは、辛く苦しい時にこそ誰かを頼ったりはしていませんか?

時にはあなたにとって救いになることはあります。

ですが、それは本当の意味であなたを救うことにはなりません。

あなたを助けるのは、あなたしかいません。

あなたを救うことができるのは、あなたの中の神だけです。

どんなに辛くても、苦しくても、楽な道へ逃げないで下さい。

一人になって下さい。

まずはそれからです。

瞑想する

一人になることができたら、瞑想する時間を作って下さい。

どんなやり方でもいいので、あなたなりのやり方で瞑想して下さい。

一人で、静かなところに身を置き、しばらくそうしていて下さい。

瞑想しようと思わなくても、自然と瞑想になってしまいます。

外からの刺激を受けない場所にいると、あなたはあなたと向き合うしかなくなります。

それが瞑想です。

嫌なことばかりが思い出される。

辛い気持ちがよみがえってくる。

それが苦しくても耐えるのです。

できるところまででいいので、自分なりに納得がいくまで続けてみて下さい。

一度にやらなくても、少し瞑想する時間を作って、数日間それを続けるのもいいでしょう。

その間だけは、できるだけ外部との接触は避けること。

ずっとずっと自分と向き合って下さい。

必ずその先に、神の存在を感じることができるはずです。

そして、神の声が聞こえるようになるはずです。

実行する

あなたが、神からのメッセージを受け取ったら、それをあなたなりの方法で表現することを実行して下さい。

新たな行動をしてみるのもいいですし、誰かに話してみるのもいい。

手紙を書いてもいいし、LINEを送ってもいい。

あなたが聞いた神の声を信じ、その通りに従って行動してみることです。

それだけができれば、必ず道は開けていきます。

まだまだ辛い試練は訪れますが、神の声が絶対に正しいことを示しています。

その声をしっかりと聞いて、そのまま真っ直ぐ進むのです。

まとめ

神の声を聞く方法がわかりましたか?

一人になって、考えて、それから行動する。

ただ、これの繰り返しです。

頭で考えるのではなく、あなたの中にいる神は何と言っているのかです。

そして、それに忠実に従うだけです。

あなたはただ、大事なことを忘れてしまっただけです。

思い出して下さい。

子供の頃から神はあなたの中にいました。

再び再会する時です。

あなたが内なる神の存在にさえ気づけば、生きることに恐れを感じることはなく、迷うこともなく、ただ毎日が幸せになっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください