幸せになりたいのなら徳を積め!陰徳を積めば人生が好転する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

禅の教えで、徳を積むという行いがあります。

単純に、どんなことでもいいのでいいことをする。

それがいずれ自分に返ってくるというもの。

この行いが、誰にでもできる幸せになる方法なのです。


幸せの定義は人それぞれで、手に入れる方法はいくらでもあります。

ですが、自分が何をたいいのかが見えず、どうなりたいのかもわからない。

何を目指すわけでもなく、ただ幸せになりたいとだけ願う。

そんな場合は、とりあえず徳を積むことだけを意識して生活しましょう。

いつでもどこでも、徳を積めば、いつか大きな力となって返ってきます。

愛のある行動を積み重ねる

徳を積むという行いは、単純に愛のある行動を積み重ねること。

いつでもどこでも誰に対しても、行動の基準を「愛」とすることです。

困っている人を助け、自分にできることは何でもやっていく。

人の役に立てることなら率先して行って、迷惑のかかることはしない。

これが、徳を積むことの基準です。

何をどうしたらいいのかがわからない場合は、とにかくそこに「愛」があるのかどうかを確認しながら行動すること。

そうすれば、おのずとやるべき行動は決まってくるはずです。

求めずに与え続ける

誰かに何かを求めるようりも先に、とにかく与えることを基準とすること。

奪い取ることはせずに、与えていくこと。

自分にできることには全力を尽くし、見返りなどは期待しないこと。

求めることはせずに与えることだけを積み重ねて下さい。

それが、徳を積むことの意味です。

陰徳を積んでいけ

徳を積む中でも、最も幸せ貯金ができるのが「陰徳」と呼ばれるもの。

陰徳は、徳を積むということでは同じ行いですが、誰にも気づかれない(見られない、言わない)ことが条件です。

善い行いをして、それを見つかってはいけないし、気づかれてもいけない。

このことを基準に徳を積んでいくのです。

どうしても言いたくなることもありますが、そこをグッとこらえることで、あなたの積んだ徳は高くなります。

いつでもどこでも徳を積み、それを誰にも見つからず言わず、気づかれずに過ごすこと。

これが、もっともあなたの力になる行いです。

積み重ねたものはかえってくる

あなたが生きている中で、積み重ねてきたものは必ず返ってきます。

それは、どんなことであっても、巡り巡って必ず自分のもとへと返ってくるのです。

あなたが誰かを傷つければ、必ずあなたは傷つけられます。

あなたが全てを愛することができれば、大きな愛が誰からも返ってきます。

世の中は、積み重ねたものが返ってくるようにできているので、あなたが徳を積むことによって、いいことが返ってくる貯金をすることができます。

善い行いを積み重ねることができれば、必ずあなたの力になってくれます。

それを信じて、毎日徳を積むことだけを考えていきましょう。

それが、誰かに褒められるわけでもなく、成功をおさめるようなことでなくても、徳を積めるのならやっていくことです。

徳の積み方がわからない方へ

徳を積むといっても、何をどうしていいのかわからない場合は、ひとつのことだけを実践して下さい。

それは、掃除と整理整頓です。

何をしたらいいのかわからないのであれば、とにかく掃除と整理整頓だけをして下さい。

誰になんと言われようと、それだけを貫いて下さい。

「いい人ぶってる」とか「仕事をしてない」と言われるかもしれませんが、掃除と整理整頓は、小さくてもどこにでもある徳を積める行為です。

家の中でも、職場でも、学校でも、例え他人のものであってもやって下さい。

あなたが幸せの貯金をするために、掃除と整理整頓で徳を積み上げていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください