バツイチ男性の10の特徴!あなたはどう解釈する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

離婚率は年々増加傾向にあり、シングルファザーとなるのも珍しくない世の中となりました。

やはり、多くの経験を重ねていることから、バツイチ男性のは独身男性にはない特徴がいくつかあります。

たまたま好きになってしまったお相手がバツイチだったという場合、男性のことをしっかりと理解しながらお付き合いしていきましょう。


バツイチ男性の特徴

バツイチとなった男性は、様々な試練を乗り越えてきているために、まだ未婚の独身男性とは違ったスタンスで生きていることがほとんどです。

ライフスタイルの傾向や、特徴を掴んで、接し方や距離感を学んでみましょう。

1.冷静で謙虚

結婚という大きなイベントを一度は経験しているため、どんなことにでも冷静に対応ができ、謙虚な姿勢でいます。

バツイチであることは大人としての大きな魅力でもあり、周囲を惹きつけるオーラを身につけています。

自分自身にしか経験のできなかったことを糧に、生きる力へと変えていくことが、普段の振る舞いへと活かされているのです。

2.過信していない

若い時にありがちな、自意識過剰な判断や、自分の力への傲りがありません。

今の自分にできることをよく理解していて、「調子に乗る」ということがあまりないため、いつでも冷静でいられます。

自分を信じる力は大切であっても、力に傲ってはいけないことを知っているからこそのスタイルなのです。

3.恋愛には奥手

異性に対してのアプローチは、独身男性に比べて消極的に見えます。

ですが、いい意味でガツガツせずに焦りがないことが、バツイチ男性のいいところです。

自分の都合ばかりを押し付けたり、欲望に任せて無茶な行動に出たりすることはないので、一緒にいれば落ち着ける存在です。

4.疲れることはしない

恋愛や友人関係など、疲れることは避ける傾向にあります。

消極的でやる気がないように見えるかもしれませんが、疲れる関係は長続きはしないことを知っているからです。

刺激や情熱よりも、居心地を重視して、良好な関係をできるだけ長く続けることを望んでいます。

めんどくさがりにも思えますが、自分を大切に扱ったほうが楽な生き方だと考えているのです。

5.とにかく優しい

小さな優しさを持っていたりします。

特に立場の弱い人、女性や子供に対してはとても優しく接することができます。

普段は力強さをアピールしていても、ちょっとした気遣いが自然と出来てしまうものなのです。

できないことは手伝ってあげるという当たり前の優しさが、習慣として身についているのです。

6.人との距離感を理解している

冷めているようにも感じるところもありますが、それは人との距離感をとても大切にしているからです。

仲良くなることと、依存し合うことの区別を理解していて、過度な干渉は好みません。

束縛することしませんし、されることも嫌がります。

互いのライフスタイルを尊重し、共生していくことの大切さを知っています。

7.生活が確立している

バツイチ男性は、結婚生活を経験しているために、たいていのことは自分でやれます。

生活が確立されていることは、一緒にいる人に安心感を与えますので、魅力的にみられます。

仕事をきちんとこなし、自分のことは自分でやるのが当たり前の習慣として身についています。

8.余裕を持っている

結婚から離婚までを経験していることによって、少々のことでは動じることがありません。

どんなことに対しても、いつでも余裕を持っていて、焦らない姿は安心できます。

ガツガツしない、のんびりしている姿は、何があってもなんとかなるという心の余裕から生まれる振る舞いなのです。

9.なんでも前向き

多くの経験を積みかさねてきたことによって、前向きに生きることの大切さをよく知っています。

ネガティブな思考を持って生きることは、不幸な生き方であることを理解しているため、どんなことでも前向きの捉えます。

失敗は永久に取り戻せない欠点ではなく、ひとつの経験であり、生きる糧であるということ。

それを活かすことが、生きることだとよく理解しているのです。

10.決断力がある

バツイチ男性が、男として大きな強みとなるのは、結婚、離婚を決断して、しっかりと自分の力で歩いてきたという実績です。

決断力は、女性だけでなく、周囲が求める男としての魅力ですので、これはバツイチ男性の長所。

わがままに感じる時があっても、それだけ決断と実行する力を持っているということです。

価値観は解釈次第で決まる!

あなたが、バツイチ男性本人でも、バツイチ男性に接する誰かであっても、感じるものへの解釈は、自分で決められます。

バツイチ男性が持っている特徴や経験を、デメリットとして見るのか。

それとも、大きな魅力として見るのか。

それを決めることができるのは、自分しかいないということ。

魅力的に見えた男性が、バツイチであったことに対して、それはただの経歴として見て、変わらず魅力を感じていくのか。

それとも、バツイチであることを咎め、離婚した原因や悪い所を探すのか。

それは受け入れる側が決めることです。

ここまでで、気づかれるかもしれませんが、バツイチであるかどうかは、もはやあまり関係はないということなのです。

それがその人そのものであって、そういった経験をしていただけであり、バツイチ男性にはたまたまこういった共通した特徴があるというだけなのです。

情報は、あくまで傾向としての参考資料にしかなりませんので、その人そのものをしっかりと受け入れ、魅力を見つけていく努力をすることが大切なことなのです。

バツイチであろうが、独身であろうが、あなたが魅力的だと感じたのなら、それが真実。

それ以上でもそれ以下でもなく、他のことは全く無関係なので、自分自身のこと、目の前にいる人の魅力をしっかりと認めてあげ、愛していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください