人前で緊張せずに話す簡単な方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人前で話すのが苦手。

どうしても緊張して焦ってしまう。

何かのプレゼンや、普段の会話でも緊張はしてしまうことがあるでしょう。

しかし、頭の中をクリアにして、単純なことだと気づけば、自然と緊張はしなくなっていきます。

緊張してしまうのは、おそらく色々なことを考えてしまうからでしょう。

ですが、人前で話すことはそんなに難しいことではありません。

数をこなして慣れていくことによって、緊張しなくなることもありますが、自分の内面を整理することによって、何も考えずに話すことができるようになっていきます。

緊張しない方法は、さほど難しいものではありませんので、人前で話す方法をマスターしてみましょう。

人前で緊張せずに話す方法

人前で緊張してしまう原因は、必ず自分自身の中にあります。

それを整理していくことによって、苦手意識は薄れていきます。

いくつかのポイントをおさえて、次回へ活かして下さい。

・上手に話そうとしない

緊張してしまうのは、あらかじめ上手く話そうと思って準備万端で挑もうとしているから。

話すという行為は、あくまで何かの情報を伝える手段でしかないので、自分なりの話し方が一番自然で伝わりやすく、緊張もしません。

誰かの真似事のように、上手に話そうと思いすぎると、緊張しすぎて余計に上手く話せなくなります。

肩の力を抜いて、「自分はただ話すだけだ」と自分自身に言い聞かせて、伝えることだけに集中しましょう。

・伝えたいことを伝える

話し方や伝え方に、上手い下手はありません。

自分が普段話しているように、ゆっくりと丁寧に話せばいいだけです。

正解があるわけではありませんので、伝えたいことを伝えればそれで任務は完了です。

話す時に緊張してしまうのは、先に「こうしなければいけない」と決めてしまっているからでしょう。

ですが、そういった頭の中の正解を取り除き、何をどのように伝えるのかだけ考えて話せば緊張はしなくなります。

・誰も気にしていない

緊張してしまうのは、余計なことまで考えてしまうからでしょう。

しかし、自分が気になっているようなことは、誰も気にはしていません。

気にしているのは、自分自身だけです。

聞き手のほとんどは、話をただ聞いているだけで、上手いか下手かなどは考えてはいないのです。

話す、伝えるとうい役割を全うしているのなら、それで何も問題はないのです。

目的を明確にすれば緊張はしない

人前で話すことは、あくまで情報の伝達、伝えることが目的です。

話すという行動は、伝えるという目的を達成するための手段です。

緊張するのは、上手く話せるかどうかばかりに気を取られ、目的を忘れてしまっているからです。

そこを気にしてしまうと、手段が目的となってしまい、余計に伝えるという目的は達成されなくなります。

目的はあくまで情報を伝えること。

それを忘れずに集中していくことで、緊張はしなくなっていくはずです。

何も考えずに話そう

緊張は、考えすぎることによって始まり、考えれば考えるほど膨らんでいきます。

また、考えすぎて緊張してしまって、それが原因で失敗してしまい、再び緊張しやすくなってしまう悪循環にはまり込んでいるのでしょう。

緊張せずに話せるようになるには、何も考えずに話すことに慣れていくことです。

単純にシンプルに考えて、普段から考えずに話す訓練をしておくことです。

わからなければ聞いた、言いたいことは伝え、話したくない時には話さない。

そういった単純な行動を積み重ねることによって、いつの間にか緊張はしなくなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください